最寄りのボウリング場閉鎖

ジャンボボール営業終了 来年3月で、県内最古ボウリング場

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20170414101.htm


当院から車で約10分以内にあるジャンボボールです。

子どもの時から家族や友達とよくボウリングに行きました。

古い建物だとは思ってましたが、県内最古と言われるほど古いとは知らなかったです。

ボウリングブームの時代を僕は知らないんですが、いろんな話を聞いてると人によっては道具もそろえるほどのヘビーボウラーや、学校や仕事以外は基本的にボウリング場にいたなど、ものすごく流行っていたんだなぁと思います(^^;)

僕も個人的にボウリングは好きですし、マイナーなゲームとは思っていません(^^♪

重い球を力いっぱい投げるのは爽快感があってストレス解消にもなりますので(笑)


せっかくなので、筋肉の話をちょっとだけ♪

ボウリングはボールを投げるときには手首を曲げる筋肉、肩を曲げるまたは伸ばす筋肉、肩甲骨を固定する筋肉が連動しています

ボウリングそのものはコツがあるだけで、並みの大人の筋力があればストライクは誰でも取れます。

そこで、みなさんはボウリングをしたあとや数日後、体のどの部分が痛くなっていますか?

指や手首や肩が痛くなっている人は正常だと思います(^^♪

問題なのは肘が痛くなっている人、いませんか??

投げすぎ(オーバーユース)で肘が痛くなることってあるにはありますが…。

ボウリングはほぼ肘を伸ばしたまま手首と肩でボールを支えますので、肘に力が入ったりわざと肘を曲げたりしている人は危険です(-_-)

ましてやたまにやるようなボウリングで肘に負担をかけると、下手したら大きな神経障害や筋肉の損傷につながる恐れがあります!

そしてこのある種の癖は、少なからず日常生活にもあらわれていて、すでに影響していることもあるかもしれません。

言い換えれば、ボウリングをすることによって自分の肘が大丈夫かどうか、間違った動きをしていないかがわかるってことですね。

ボウリングは無茶をせず、かっこつけず、ふざけず、楽しくやっていただきたいと思います(^^♪


まだ閉鎖まで1年近くあるみたいなので、それまでに2回ぐらい、行けたらいいなと思います♪

泉が丘マッサージ治療院

0コメント

  • 1000 / 1000